停車坐愛楓林晩


杜牧の漢詩『山行』の一節です。

車をとどめて そぞろに愛す 楓林の晩

と、読みます。

車を停めて、なんとなく夕日に照り映えた美しい楓(かえで)の林にうっとりと見とれてしまう。という意味です。 

下の写真は、健康の森学園の入り口の紅葉の様子です。そろそろ秋は深まりつつあるようです。


お問い合わせ

Contact

サービスに関するお問い合わせ・ご相談は、お気軽にお電話ください。

0120-481-248

0866-48-3588

本社 〒716-0207  岡山県高梁市川上町仁賀627番地

メールフォームからも24時間受け付けております。

株式会社 平松運輸

Blue Evolution Grp.

© 平松運輸 All Rights Reserved.